酢のダイエット効果はエネルギー代謝のアップ

酢にはエネルギー代謝をアップさせるダイエット効果があります。ミツカンの臨床試験によると、酢を毎日15mlずつ12週間飲ませることで平均1.17㎏の体重が減少したそうです。

酢を飲むと痩せるしくみを簡単に言うと、酢に含まれるクエン酸を補うことでエネルギー源であるATPやNADHなどが作られるのを助けるからです。クエン酸を補わなくてもエネルギーは生み出せますが、クエン酸を補うことでエネルギーを生み出すための工程の一部を短縮できるのです。

どのタイミングに酢を飲むと最もダイエットに効果的なのかと言うと、運動前でしょう。上記の通り酢を飲むとエネルギー代謝をアップさせることができるので、運動が疲れにくくなり、その結果として運動量が増える(消費カロリーが増える)というダイエット効果を生み出します。

要するに酢を飲むと一時的に運動パフォーマンスが上がるので、運動パフォーマンスが上がっているその時にピンポイントに運動を行うことで普段よりも楽に多くの運動をこなすことができ、その結果として消費カロリーも増えるということです。

エネルギーは運動を行う(体を動かす)からこそ生み出されるわけであり、運動を行わなければクエン酸の必要量は低下するはずです。体を動かさなければエネルギーは多くを必要とせず、エネルギー源であるATPやNADHを生み出す必要もないのでクエン酸を補う意味が薄れるからです。

そういうわけで、酢を飲むだけで痩せるというのは甘い考えでしょう。必ず酢を飲むことと運動を行うことはセットにする必要があります。

しかし運動前に酢を飲んでおくと運動パフォーマンスが上がって消費カロリーを増やせる可能性がある、というのはけっこう魅力的な話だと思います。

これは運動前にカフェインを飲んでおくのと同じような効果であり、同じ考え方でよいと思います。カフェインの場合は飲むと脂肪を分解させる効果があるので、運動する前にカフェインを飲んでおくと運動パフォーマンスが上がるというものです。

しかし脂肪はいったん分解されても消費されなかった場合は再び分解前の状態に戻るので、脂肪が分解された時に運動をして脂肪を消費しなければダイエット効果はゼロだということです。

この辺りも酢とカフェインの活用方法はほとんど同じだと思います。

しかし何度も言うようですが、酢を飲むだけでダイエット効果があるという考えは間違いです。お手軽な飲むだけダイエットというものは、探してもなかなか見つかるものではないようです。