食事制限で急に体重が落ちなくなったのはなぜ?

食事制限で順調に落ちていた体重が、どれだけ食事量を減らしても落ちなくなってしまうことがあると思います。最初は夕食を抜いただけで簡単に体重が落ちていたのに、次第に昼食まで抜いても下げ止まってしまった。

さらに朝食もサラダだけに変えたけど、それでも下げ止まった体重はこれ以上落ちてくれない…。もうほとんど絶食状態に近いのに、体重が全く落ちなくなってしまった。あなたにもこのような経験はなかったでしょうか?

ダイエットは摂取カロリーと消費カロリーのバランスで成り立つものなので、消費カロリーが一定なら摂取カロリーを減らせば体重はいつまでも落ちていくはずです。

しかし、あまりにも無茶な食事制限をした場合には基礎代謝が落ちてしまいます。この場合の基礎代謝の低下は、摂取カロリーがあまりにも少なくなったために体が緊急の省エネモードに入ることが原因です。

1日の摂取カロリーが異常に少ない場合、体の体温が下がり、貧血になり、病気に対する抵抗力も低下します。体のあらゆる機能を低下させてエネルギーをあまり使わないようにします。人間は飢餓に耐えられるようにできているのです。

過酷な食事制限を続けてもある日を境に体重が下げ止まった場合、省エネモードで体の消費カロリーが低下したため、摂取カロリーを異常に低くしても体重がほとんど落ちないというわけです。

このような体が飢餓を感じるような状態だと、食事制限は無意味です。今よりある程度摂取カロリーを増やして、体の機能を本来の状態まで回復させることが先決です。

また、それほど過酷なダイエットをしていないのに体重が落ちないようなダイエットの停滞期に陥ってしまった場合、体内で食欲増進ホルモンが優位な状態になり食欲が抑えられなくなったことが原因かもしれません。

この場合は食べていないのに体重が落ちないのではなく、間食をしていたりご飯を食べる量を減らせていなかったりなど、摂取カロリーを減らせていないことが停滞期の最大であり唯一の理由です。

やはり短期間で一気に体重を落とした場合には、人間の体は体重を元に戻そうとするようなしくみが働くのです。

短期間で体重を大幅に落とした場合、体内の食欲増進ホルモンが優位な状態になります。これに対抗して食欲を抑えるためには食欲抑制ホルモンの分泌量を増やす必要があります。

たんぱく質を摂取すれば、体内で食欲抑制ホルモンの分泌量が増えます。よって、停滞期で食欲を抑えきれないと感じた時にはたんぱく質の摂取量を増やしてみてください。