脂肪燃焼には食前と食後の運動、どっちが有利?

脂肪燃焼には運動を食前と食後のどっちに行った方が有利なのでしょうか。食前に運動を行った方が体の脂肪を多く燃焼させることができる気もするし、食後に運動を行った方が摂取したカロリーをダイレクトに消費できるのでダイエットには有利な気もします。

実際のところはどうなのでしょうか?

実は、食前に運動を行った方が脂肪を燃焼しやすいという事実はありません。さらに、食後に運動を行った方がダイエットに有利だということもありません。

結局のところ、食前に運動を行っても食後に運動を行っても、脂肪の燃焼量には全く違いがないのです。また、食後に運動を行った方が食べたもののカロリーを消費できるのでダイエットに有利である、という事実もありません。

順番に解説していきます。まず食前に運動を行った場合、あなたの想像した通り体の脂肪を燃焼させることでエネルギーを取り出します。そのようなわけで、食前に運動を行えば体の脂肪を燃焼させて脂肪の量を減らすことができます。しかし、運動後に食事を行うことで摂取したカロリーを体に脂肪として蓄えます。

次に食後に運動を行った場合、運動前の食事で摂取したカロリーはいったん体に蓄えられます。そして食後に運動を行う時に、体に蓄えられた脂肪を燃焼させることでエネルギーを取り出します。

ここでよく考えてほしいのですが、食事での摂取カロリーと運動での消費カロリーが全く同じだった場合、運動は食前に行っても食後に行っても最終的な体の脂肪の量に違いがないというわけです。

運動は食前に行っても食後に行っても、どっちでもよいという結論です。

・・・と言いたいところですが、食事前に運動を行う方が有利な要素が1つあります。それは食欲抑制という要素です。食事前の運動は食欲抑制に有利に働くのです。

具体的には運動は食間のお腹がすいた間食しそうな時に行うとよいでしょう。運動をすると食欲が減るので、お腹がすいた時に運動をすると間食をしたい気持ちがなくなるのです。

運動をすると食欲が減る理由は、運動をすることで食欲抑制ホルモンが分泌されるからです。運動して1時間ほどは食欲が減っているので、16時半頃に運動を始めて17時に運動を終え、18時に食事を行うような感じでもよいでしょう。

効果的に食欲を抑制させるためには比較的運動強度の高い運動を行うとよいでしょう。運動強度が比較的高い方が食欲が抑制されやすいからです。例えば少しペースが早めのジョギングなどがよいでしょう。