内臓脂肪を減らす効果的な方法

内臓脂肪を効果的に減らす方法とは、食事制限だけでダイエットを行わないことです。もしあなたがダイエットをしていてお腹のポッコリだけがどうやっても解消できないとお悩みなら、その原因は内臓脂肪にあります。

脂肪には皮膚のすぐ下に付く皮下脂肪と、内臓に付く内臓脂肪があります。脂肪は基本的に体に平均的に付きます。脂肪が二の腕だけに集中して付くことはなく、二の腕に脂肪が付いた時には背中にも同じように脂肪が付いています。

しかしそれは皮下脂肪に限定した話のことで、皮下脂肪がそれほど付いていなくても内臓脂肪がたくさん付くこともあります。これは食事制限だけでダイエットをした場合によくあることで、体全体は痩せているのにお腹だけポッコリしているのがこれに該当します。

だから、お腹のポッコリを解消させようとして食事制限だけのダイエットを続けても、内臓脂肪をいつまでたっても減らすことができず、そのため、お腹がいつまでたってもへこまないわけです。

じゃあ内臓脂肪はどうやって減らすべきなのか?

内臓脂肪は運動をすることで一気に減らすことができます。逆に運動を全くしなければ内臓脂肪が増えていきます。内臓脂肪は運動不足によって付くものなのです。だから、ダイエットに運動を取り入れることで内臓脂肪を効果的に減らすことができ、それに比例してお腹ポッコリも解消されていきます。

もしあなたがお腹のポッコリで悩んでいる場合、運動も取り入れてダイエットを行いましょう。

具体的にどのようなダイエットが内臓脂肪を効率的に減らせるのかと言えば、それは有酸素運動です。有酸素運動は筋トレなどの無酸素運動と比べて同じ運動時間当たりでより多くの内臓脂肪を減らすことができます。

有酸素運動であれば運動の種類は特に問いません。ジョギングでもよいしウォーキングでもよいし、水泳やサイクリングでも何でもよいのです。

有酸素運動が内臓脂肪を減らす理由は、体の筋肉と内臓脂肪がリンクしているからです。

筋肉と内臓脂肪にはそれぞれエネルギーを受け渡しする構造があり、例えば有酸素運動を行うと筋肉が必要とするエネルギーが内臓脂肪より供給されます。

内臓脂肪は運動を行う際のエネルギー貯蔵庫というわけです。

では、なぜ筋トレをする時には内臓脂肪をあまり使わないのでしょうか。その理由は筋トレの消費カロリーにあります。

実は筋トレをしても内臓脂肪は使われるのですが、筋トレがあまりカロリーを消費しない運動なので、内臓脂肪の消費量がたいして多くないということです。