酵素の効能を解説

酵素の効能については消化を助ける(消化酵素)、代謝をアップする(代謝酵素)、健康維持や免疫力をアップする、美容によい、体の中の毒素や老廃物を排出する、老化の原因となる活性酸素を排出する、などが一般的に言われています。

酵素とは動物や植物などあらゆる生物が生命を維持するために欠かせない栄養素で、人の体にある酵素は大きく分けて消化酵素と代謝酵素の2つに分けられると考えられています。

しかし、高たんぱくな食生活や夜更かしなどの生活習慣の乱れにより、体内の酵素は浪費されて慢性的な酵素不足に陥るとされています。体内の酵素がこれらの原因により不足すると、酵素は消化に優先的に使われて代謝機能や新陳代謝が衰えると言われています。

酵素が不足した結果として代謝機能が衰えると、脂肪が蓄積されやすくなって太りやすい体質になるとされています。

以上が一般的に言われている酵素の効能や役割です。

しかし、体内の酵素が浪費されるという事実はありません。なぜなら、酵素は化学反応を促す触媒なので、利用されても減らないから浪費できないのです。(酵素は触媒であり、触媒とは特定の化学反応の反応速度を速める物質であり、化学反応後にも消耗されることはない。「酵素に効果なし。酵素の矛盾点を解説」参照。)

よって、このページに書いた(一般的に知られている)酵素を補った場合の効能や役割は、科学的事実に基づかない間違った内容となります。サプリメントとして補う酵素には何も効能はありません。

酵素サプリメントは以上の通り何も効果がないわけですが、酵素ドリンクの場合は少し異なります。酵素ドリンクの効果を考える際に焦点を酵素というより発酵食品であることに向けるべきだからです。

酵素ドリンクは原材料の野菜や薬草などを発酵させて作るものです。その発酵の一部は乳酸菌が担うので、発酵の過程で短鎖脂肪酸という酸性の成分が生成されます。これが酵素ドリンクに溶け込むので、酵素ドリンクには短鎖脂肪酸が含まれています。

短鎖脂肪酸と言えばヨーグルトなどの酸っぱい成分のことです。ヨーグルトの場合はこの酸っぱさが整腸作用を発揮するわけですが、酵素ドリンクに含まれている短鎖脂肪酸の場合も同様の効果をもたらします。

この酵素ドリンクに含まれる短鎖脂肪酸の整腸作用が、酵素ドリンクの持つ健康効果だと言うわけです。