酵素ファスティングで体の調子は本当に良くなる?

酵素ファスティングとは酵素を補いながらファスティング(断食)を行うことです。よくテレビなどでは酵素ファスティングを行うことで体の調子がよくなると言われています。本当に酵素ファスティングで健康になれるのでしょうか。

まず、酵素という成分を摂取しても健康に対する効果はない、という事実は知っておく必要があります。(「酵素に効果なし。酵素の矛盾点を解説」参照。)

よって、酵素ファスティングの健康効果は、ファスティング(断食)の部分に限られます。断食で体の調子がよくなるのかどうか、これが焦点になります。

断食とは食事を全く摂取しないこと、あるいは酵素ファスティングは酵素だけは摂取しながら食事はほとんど摂取しない、という断食方法を行います。要するにファスティングとは食事量を減らしてカロリー制限を行うことです。

カロリー制限と寿命に関する動物実験はいくつかあります。例えばカロリー制限をしたマウスの寿命が3割伸びた他、魚や線虫、ハエでもカロリー制限すると寿命が3割から5割伸びることが知られています。

また、サルに対する低カロリー食の実験では、低カロリー食を続けたサルは糖尿病や心疾患、がんの発症例が少なくなったとの報告があります。しかし、サルに関しては健康にはなったけど寿命は延びなかった、という報告もあるようです。

酵素ファスティングはせいぜい3日程度の断食です。そのため、上記の動物実験の結果を酵素ファスティングに当てはめることはできません。

と、ここまで酵素という成分に焦点を当てた酵素ファスティングについて解説してきましたが、酵素サプリメントではなく酵素ドリンクを利用した酵素ファスティングでは結果が異なってきます。

まず酵素という成分それ自体には効果がないので、酵素サプリメントを摂取してファスティングを行ってもファスティングの効果しか得られません。

しかし酵素ドリンクを利用してファスティングを行った場合、酵素ドリンクが持つ健康効果も同時に得ることができます。

酵素に効果がないので酵素ドリンクにも効果がなさそうですが、酵素とは別の理由から酵素ドリンクには健康効果があります。

酵素ドリンクは原材料の野菜や果物、海藻類、薬草などを発酵させることで製造するので、ヨーグルトと同じ発酵食品の一種と言えます。世の中には発酵食品がいくつかありますが、あなたが知っている発酵食品には何らかの健康効果があると言われているはずです。

例えばヨーグルトには腸内環境を整える効果があると言われていますし、同じく発酵食品の一種である漬物にも同様の効果があると言われています。

奈良漬けは元々シロウリが原料ですが、シロウリの段階ではそれほど健康効果が優れた食品だとは言えないでしょう。

しかしシロウリを奈良漬けに加工する段階で発酵食品になり、その発酵食品としての奈良漬けが腸内環境を整える効果を持つに至るわけです。

酵素ドリンクも同じく発酵食品の一種なので、同様に腸内環境を整える効果を持つと考えても不思議ではありません。