酵素はなぜ健康にいい?

なぜ酵素はダイエットや健康にいいと言われているのでしょうか。また、実際のところ酵素の健康効果やダイエット効果は本当なのでしょうか。この疑問にズバリお答えします。

酵素の健康ブームはエドワード・ハウエル博士が提唱した酵素栄養学に基づいています。酵素栄養学とは次のようなものです。


人の体には「潜在酵素」があり、潜在酵素は様々な生体活動に用いられます。例えば食物を消化したり生命維持を行うためには潜在酵素が必要です。しかし人の体の潜在酵素には限りがあり、潜在酵素を消費しすぎると病気の原因になります。

一方食物には「食物酵素」が含まれており、食物酵素が多い食品を摂取することで消化を助け、人の体の酵素の消費量を抑えることができます。食物酵素は加熱しない生の食品に多いため、できるだけ生の食品を摂取することが健康に有益で寿命を延ばします。


しかし、酵素栄養学は科学者や医師たちの間では広く支持されていません。なぜなら、酵素栄養学には矛盾が多いからです。実際のところ、酵素栄養学という学問は研究に値しないため、ほとんど研究が行われていません。

世界最大の医学・生命科学の研究論文データベースであるPubmedにも「Enzyme Nutrition(酵素の栄養)」というキーワードが含まれた論文は1つも存在しません。それほど医学や生命科学の常識から外れた栄養学だということです。

酵素の健康効果はゼロ、というのが真実のようです。

ただし、酵素ドリンクには健康効果がちゃんとあります。それは酵素ドリンクの酵素と言う部分に健康効果があるのではなく、酵素ドリンクが持つまた別の成分に健康効果があるということです。

具体的に言えば短鎖脂肪酸という成分です。酵素ドリンクはヨーグルトと同じように乳酸菌が食品を発酵させることで作られるものです。

乳酸菌を直接摂取する、または乳酸菌が作り出した成分(ヨーグルトなど)を摂取すれば体に好影響を与えることは一般的に知れ渡っていることだと思います。

酵素ドリンクもヨーグルトと同じ発酵食品なので、ヨーグルトと似たような健康効果を持つということです。

乳酸菌が醗酵することで新しい健康効果を持つに至る食品はいくつかあります。例えば漬物などもその1例です。酵素ドリンクもこれと同じようなイメージです。

さらに酵素ドリンクの場合、発酵させる元の食品も野菜や薬草など健康に良さそうなものです。健康によい野菜や薬草を発酵させたものなので、砂糖などのマイナスの影響を与える混ぜ物が少ない限りは健康効果に優れた飲み物だといえそうです。