大山式ボディメイクパッドの効果は?

大山式ボディメイクパッドは基本的にダイエット効果を期待する商品ではなく、健康効果を期待する商品だと考えておいた方がよさそうです。

販売ページには、大山式ボディメイクパッドを装着すれば体重が外側から内側にかかるようになり、これが骨盤にも変化を与えるように書かれています。

基本的に、骨盤矯正をダイエット効果や健康効果の根拠とする商品は、うさんくささが拭いきれません。なぜなら骨盤矯正のこういった効果は医学的に根拠がないからです。

しかし、「背筋が確実に伸びてくる感じがする」、「体の重心が内側に向くのがわかる」といった口コミの通り、「姿勢補正具」としての効果はあると感じている人もいます。

「ひどい腰痛だったけどこれを着けて3日ほどで改善されてきた」という口コミもあり、姿勢が正されることで腰痛にも効果があるようです。

逆に「以前ぎっくり腰をやったからか使用して1時間ほどで腰が強烈に痛くなった」という、使用する人を選ぶ(ぎっくり腰だった人は逆に腰が痛くなる)ような口コミもあります。

ダイエット効果に限定して口コミを見てみると、「これだけで痩せるわけもないと今更ながら後悔している」、「体に何の変化もなかった」など、効果がなかったという評価も多いです。

姿勢がよくなった結果として運動パフォーマンスが上がり、運動時の運動量が増えて消費カロリーも増えた、というのならそれはダイエット効果があったと評価できます。

例えば、ウォーキングで分速90mしか速度を出せなかったのが、分速99mの速度を出せるようになったので消費カロリーが10%増えたなどの場合です。だけど、そういった口コミもほとんど見当たりません。

そもそも、この商品をダイエットのために使用する人はかなり少ないとは思います。

装着時にはむれるようで、「親指がすごく痒くなって、かいたら皮がむけて赤くなった」、「装着部分が痒くてたまらない」、「かぶれて痒みと腫れで着けられない」、「豆ができて痛い」、「指が水ぶくれになった」などの口コミも多いです。

肌が弱い人の場合、装着するとかぶれることもあるかもしれません。