ふくらはぎのむくみを取る方法

効果的にふくらはぎのむくみを取る方法を解説します。1日を終えてふくらはぎを見るとむくみがひどい…。1時間椅子に座っているだけでふくらはぎがパンパン…。お風呂で湯船につかってもマッサージしてもふくらはぎのむくみが取れない…。

ふくらはぎのむくみの原因はふくらはぎに血液が滞ることなので、ふくらはぎのむくみを取る方法としては滞った血液を流すことです。詳しくは「足のむくみを解消する確実な方法」参照。

ところで、ふくらはぎのむくみは男性よりも女性に多いと言われています。その理由は、女性の方が男性よりもふくらはぎの筋肉量が少ないからです。

先ほどふくらはぎのむくみの原因は血液が滞ることであり、滞った血液を流すことがむくみの解消法だと書きましたが、血流は心臓のポンプ機能だけで作られているわけではありません。筋肉の収縮(筋肉に力が入る)と弛緩(筋肉の力を抜く)の繰り返しによっても血流が作られています。

ふくらはぎに滞った血液を流すためにはふくらはぎの筋肉の収縮と弛緩を繰り返せばよいわけで、そのためにはゆっくり歩くようなふくらはぎを軽く使う運動や動作を行えばよいのです。よって、ゆっくり歩くウォーキングがふくらはぎのむくみを取る、あるいは予防する確実な方法です。

また、普段からの運動不足によりふくらはぎの筋肉が弱いことが血流をうまく流せず血液を滞らせる原因なので、普段から意識してウォーキングを行いましょう。

さて、1日の立ち仕事終えてふくらはぎがパンパンにむくんだ時、ウォーキングをしてむくみの原因となっている血液を流すようにしましょう。

ひとまずウォーキングを軽く30分ほどすれば、ふくらはぎのむくみはある程度ましになるはずです。半身浴やマッサージをするよりは、はるかにむくみを解消できるはずです。

さらにウォーキングを週に最低でも5日は行うことにより、ふくらはぎの筋肉を少しずつ鍛えていきましょう。ふくらはぎに少しずつ筋肉が付いていくことにより、立ち仕事によるむくみの発生が少しずつ緩和していくはずです。

立ち仕事中にむくみがひどい場合、可能であれば仕事の合間の休憩中に軽いウォーキングをするようにしましょう。この軽いウォーキングが立ち仕事中のむくみを軽くしてくれるはずです。